システムキッチンのリフォーム種類

快適な生活を実現させるためには、キッチンのリフォームがおすすめです。いわゆる昔ながらの「台所」とは、機能面でもデザイン面でも大きく進化しているシステムキッチンにすることで、使いやすく料理を楽しむことのできる空間に生まれ変わります。リフォームを成功させるためには、どのような種類があるのかをよく調べ、自分たちのファミリーに最も適したタイプを選ぶことが重要となります。リビングの様子がよく分かる対面式、料理に集中できる機能的なI型、まるでキッチンスタジオのようなスタイリッシュなアイランド型など、多くのバリエーションがあります。予算やスペースに応じてどのようなタイプを導入するのかを、家族全員で話し合い、業者ともしっかりと打ち合わせて理想のキッチンを実現させましょう。

ファミリー層から人気の高い対面式のキッチン

多くの新築住宅において採用例が圧倒的に多いのが、対面式のシステムキッチンです。これは水道栓の付いているシンクの側から、ダイニングやリビングの方向を見通せるような構造となっているため、調理中にも家族の気配を感じ取ることができます。そのため特にお子様のいらっしゃるファミリー層から人気を集めています。各住設機器メーカーでも主力となっており、製品も多くありますので、広さやグレードなどから幅広く選ぶことが可能です。また根強い人気となっているのが壁面設置タイプのI型です。比較的低コストでありながら使い勝手に優れ、設置スペースも少なくて済みますので都市型住宅での採用例も多く見られます。既存の台所から交換することも容易にできるため、リフォーム工期も短くて済むというメリットもあります。

高級感のあるアイランドキッチンやペニンシュラキッチン

よりグレードの高さを求める方や、デザインを優先してスタジオのような空間を求める方には、高級感という観点からアイランド型のオープンキッチンがおすすめです。オープンタイプは頭上空間が開放的になっているため、とてもスッキリとした雰囲気を出すことが可能です。アイランドキッチンは回遊性も高く使い勝手にも優れています。価格帯は高めの製品が多く高級なシステムキッチンですが、イメージの良さから人気のあるタイプです。またオープンキッチンの形態としてはペニンシュラキッチンもあります。壁面と一部分が接しているタイプで対面式キッチンの一形態ともすることができます。スタイリッシュさと、オープンキッチンの開放感を得られることや、アイランド型と比較すると比較的割安になることで採用例が増えているタイプです。